皮革の使用後の変色効果

色んな経験者になる前に、年を重ねないと、穏やかな人にはなれません。実は、皮革製品も上記の言い方と同じ、天然皮革の魅力は、時間を重ねることにより、色沢が深まって、豊かな味わいは見れば見るほど格好良くて、あなたの専属のユニークなアクセサリーになります。

同じ皮革アクセサリーを違う人に付けさせたら、違う効果が出てきます。天然皮革は色んな要素に影響されます。例えば、日焼け、汗、皮膚の油と使用方法で、違う程度の色変化が生じます。色が変化するので、使用する時に、皮革の変化を感じるのは本革商品の楽しみです。

自分が好きな皮革製品を購入して、自分の皮革養成の旅を始めましょう!ナチュラルカラー皮革の変色は一番明らかです。これは皮革に含まれるタンニン成分が、紫外線を受けると化学作用を起こします。携帯電話ケースやよく使うアクセサリーも、色沢の変化がより明らかです。購入したばかりの皮革アクセサリーは、最初のメンテナンスをして、携帯電話ケースに透明なレザーケアオイルを塗ったら、汚れをカットオフ以外に、変色効果もより均等になります。

淡い色皮革、 Altoが使うキャラメルブラウンとライムグリーン皮革も色沢の変化が見えます。色沢の変化以外に、日常生活に使う跡も、段々目立たなくなります。

Metro ライムグリーン/ナチュラルカラーの使い始めから、12か月までの間に現れる変化。

Original キャラメルブラウンがレトロな効果になる使用条件。

キャラメルブラウン皮革は、段々ブラウンからダークブラウン色になって、レトロな効果になります。でも、なる時間と効果は人によって違います。携帯電話ケースの両側は手でよく触るので、色も他の部分より深まって、豊かな味わい効果が生じます。この予想できない変化と効果こそ、嬉しいサプライズをもたらします。

今は、自分に専属するユニークな皮革単品を探して、革を育つ楽しさを体験しましょう!
下記の画像をクリックしたら製品を見えます